セフレになる人と選ばれない人

セフレ関係を希望する男女の数は予想外に多いものです。
このごろでは、セフレに特化して相手を探せるサイトも多く見られます。
セフレ掲示板に登録しさえすれば、後は「返信メールの確認」だけと思っていると大間違いです。

メールには「文章力」が必要なのです。
サイトに登録している女性の数は、男性に比べて圧倒的に少ないのが現実です。
少ない女性をめがけて莫大なメールが届くわけです。
女性にとっては有利な状況ですので、何も好き好んで「ダサいやつ」と付き合うことなどないのです。
文章力に長けているメールだけが「付き合ってもいい」基準になるわけです。
女性たちは自分の基準に合致した相手とだけ付き合うことを考えますから、メールの文章力の欠如は男性にとって「致命傷」となります。

また「略歴欄」の記入も怠ってはなりません。
女性たちは「略歴欄」をつぶさに検討し、送られてきたメールの文章力を参考に相手を「品定め・人選」を行うのです。
これら二つを疎かにすると、いくら待ったとしても女性と出会えることはありません。

なるべくなら、人妻・熟女に限定してセフレを探すのが近道でしょう。
セフレにとって、あってはならないものに「後腐れ」があります。
これだけは避けたいものです。
「後腐れ」を引きずると、事件に発展することもあるからです。
そのため特に人妻に特化すると、恐れている「後腐れ」を事前に回避することができます。
亭主を捨ててセフレ相手を選ぶ女性は考えにくいからです。

セフレに特化したサイトを見つけ、人妻を選択することが、セフレ関係を楽しむにはベストの方法だと言えます。
セフレを探すには、距離的に近いことも必要です。
せめて、近県までが射程内です。
恋愛関係ではありませんから「遠距離」はNGです。

体験談などでも、セフレに特化したサイトを利用して、距離的に近い女性を探すことは意外と簡単らしいのです。
セフレ関係を希望する男女が、最初に気をつけなければならないことがあります。
それは双方がセフレ関係をよく理解しているのかという疑問です。
どちらか一方でも、セフレ関係という意味を理解していない場合は、双方が不幸になります。
そのため、セフレに特化したサイトの利用は有益だと考えられます。

少なくともセフレ関係になる前の男女には、考えておきたい問題があります。
それは「バース・コントロール」を徹底してもらいたいということです。
世界中の中で、日本ほどバース・コントロールに関心のない国はないそうで、男性諸氏の中には、ゴムなんかせずに「生で」という考えがあります。
男性側はエイズの予防の為に、コンドームの着用を自ら率先して行いましょう。
一時期ほどではありませんが、エイズの心配はまだまだ続くと考えられます。

マナーとしてエチケットとして、男性側のコンドームの着用は必須事項です。
「快楽の向うにあるリスク」には、それなりの対処法があります。
永遠の快楽を勝ち得るために、リスクにそなえる気持ちは常に持っていましょう。
セフレ関係と言えども、「性病予防」という考えは無視できません。
快楽を追うがあまり、リスクに無関心だと、家庭や周囲に迷惑が及びます。
ルールはしっかり遵守したいものです。
スポーツにルールがあるように、セフレ関係にもルールは存在します。
「ルールを守って正しいセフレ」を合言葉に大人の楽しみとしてのセフレ関係について書いてきました。